SellCa(セルカ)

SellCa(セルカ)を運営する「SellCa株式会社」について

更新日:

中古車買取オークションに参加して車を売却できるSellCa(セルカ)。

ディーラー下取りや、中古車買取専門店、車買取一括査定などに比べて高く売れると評判ですが運営している会社についても気になるところです。

どんな会社が運営しているのか、確認しておくことは大切です。

それでは、早速みていきましょう。

SellCa(セルカ)株式会社について

 

SellCa(セルカ)株式会社について

SellCa(セルカ)を運営しているのは「SellCa株式会社」です。
設立は2017年10月ですから新しい会社です。兵庫県神戸市に本社があります。

SellCaはあのジーライオングループの新規事業になります。

ジーライオングループと言えば車の総合商社と呼ばれ自動車に関する様々な事業を手掛け、約70社ものグループ企業になっています。

 

輸入車ディーラー事業、国産車ディーラー事業、中古車小売事業・自動車整備事業、自動車卸売事業、中古車FC事業、自動車整備学校運営事業など、

手掛ける事業は多岐にわたり、

さらには教育・研修事業、不動産・建設事業、ウエディング事業、レストラン事業も手掛けています。

 

グループ全体の従業員数は4,000人を超えグループ全体の総売上も右肩上がりです。

BMW Dealer Awards の最優秀ディーラー賞を2年連続で受賞するなどの実績もあるグループです。

 

数ある事業のなかでも面白いのは大阪にある築港赤レンガ倉庫を再生したクラシックカーの展示施設です。

国内外のクラシックカーが展示してあり、
その名車の歴史を感じることができる特別な空間になっています。

さらに、グループが運営するカフェ、レストランも併設し非日常的な時間を過ごすことができるミュージアムになっています。

クラシックカー好きにはたまらない空間になっています。

興味がある方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

SellCa(セルカ)を始めたきっかけ

SellCaの代表取締役は田畑翔利(たばた しょうり)さんという方です。

世の中の市場を見ていると最近はインターネット、スマートフォンの普及もありアマゾンや楽天のネットショップ、メルカリなどのフリマアプリなど流通の形態もかなり変わったきました。

しかし、車の流通だけは何十年も変わらず昔のままであると感じていたそうです。

自動車業界の流通も必ず変わるはずだし、その変革を自分でやろうと思ったそうです。

 

そこで今までの中古車の流通での軸となっていた中間業者を省くということをしました。

これはコストカットになり車を売りたいユーザーにとっても、中古車を買取る業者にとっても有益な事といえますね。

相場が無いような車であっても高額の値がつくことがあるのでオークションは夢がある売却方法でもあると感じているようです。

 

「高く売れる」に自信あり

【高く売れる】ということに自信があるので買取専門店や車買取一括査定などで査定額を出してもらってからSellCaに来てもらうとSellCaの良さ、シンプルさがわかってもらえるとおっしゃっています。

親会社であるジーライオングループは長年にわたって培ってきた車事業の実績があり、中古車店との関係性のおかげでバイヤーの開拓スピードはかなりのもののようです。

業界での資本力、関係図には自信があり、
これからの事業展開もかなりの期待が見込めますね。

 

革新的なサービスとも言えるこのSellCaのサービスをもっと多くの人に知ってもらいたいという思いでこれからも認知度をアップさせていきたいと考えておられるようです。

車を売ると考えた時に、まだまだSellCaのようなサービスがあることを知らない人が多いかもしれません。

ユーザーにとっても自動車業界にとっても有益なシステムになれば車の流通ももっと変わってきて双方にとってスタンダードなものになっていくでしょう。

 

⇒トップページへ戻る

 

-SellCa(セルカ)

Copyright© SellCa(セルカ)の評判・口コミをチェック!注目の【車買取オークション】 , 2020 All Rights Reserved.